バブルががバブルだったと分かるのはバブルが終わった後です

「バブルが終わるまでそれがバブルだったとは誰にも分からない。」
「ダンスをが盛りあがっているときにホールから立ち去ることは野暮だ。」
こんなことをどこかの投資家が言ったような気がします。
しかし、多くのブログをやっている個人投資家というのはIPOの初値売り、小型株を不景気に仕込んで10倍になってから売るというような方法で資産を築いてきた人たち場仮なので、ほとんど投資の美味しいところまで食べることはあっても、高値づかみをするような人はいないようです。
一時はインターネットの爆発的普及により株式売買料金が下がったときにはデイトレード活発に行なわれ株式取引といえばデイトレードだと言われていた時代もありましたが、今はアメリカ株へのインデックス投資か日本株ならば小型株への投資が主流です。
このような投資をする人というのは堅実な人が多いと感じます。
ただ、投資家というのは事業家と比べると堅実であるので、いくらお金を稼いでも常にそれを投資に使います。ミュゼ トラブル