とりあえず高校生用のプリントはできたからいいかな

今日はひとまず、休日出勤だったのですが、これがまぁ結構疲れる内容でした。それでも一応最低限のことはできたかなと思って今日は自分を許そうと思っています。週4回の勤務のところ週5回の勤務にもなり、毎日正直頑張っているよ!って感じです。まぁ親に聞いたらそれが普通だって返されてしまいましたが、それでもめげずに頑張ろうって思います。
そろそろテストを作らないといけないな?なんて思っているところでもあるので、地道に準備を進めていきたいです。ひとまずテストの案だけでも早々に作らないとって考えています。プリントも印刷しないとってところなので、焦ってしまうんですけどね。でもまぁその意味では休日って本当に色々やりやすいので、静かな時間帯に地道に仕事をこなしてしまいたいと思っています。今日は副業の方もあるので、家に帰ったら美容系記事を書くのに集中したいかな?って思うところも。写真とかの挿入前の5000文字っていう文字数だけは今日のうちにクリアしておきたいかなって思っているところです。お金 借りる どこ

7月31日の経済主要イベントと7月中国製造業PMI

 7月31日の主要経済イベントは内外ともに多く、国内では総務省より6月の完全失業率、厚生労働省より6月有効求人倍率、経産省より6月鉱工業生産指数速報、国土交通省より6月住宅着工数、内閣府より7月消費動向調査結果、日本自動車工業会(自工会)より6月自動車輸出実績、建設機械工業会より6月建機出荷額の発表があります。加えて、日銀政策決定会合の結果が本日公表される予定です。
 日本の6月失業率は市場予想2.3%より悪い2.4%となる一方、有効求人倍率は市場予想1.61倍を上回る1.62倍となりました。また、鉱工業生産指数は前月比は市場予想より悪化して−2.1%、前年比も市場予想0.6%より低い−1.2%となりました。
 6月の鉱工業生産指数の低下に寄与したのは、1位は、はん用、生産用、業務機械工業で、半導体製造装置、ボトリング用機械などの個装、内装機械、工場用コンベアなどの生産が前月比で低下していました。1位の低下寄与は2位の2倍となったようです。
 低下寄与2位が医薬品除く化学工業、3位が金属製品工業、4位が情報通信機械工業でした。
 31日の決算・四半期発表は、グリコやホーチキ、山陰合同銀行、味の素、日通、不二家、三井製糖、WOWOW、LIXILグループ、エディオン、ソニー、本田技研工業などの398社が予定されています。
 海外の主要な経済イベントは、ニューランドで6月住宅建設許可、韓国で7月鉱工業生産指数、中国で7月製造業PMI(購買担当者指数)、オーストラリアで6月住宅建設許可指数、ドイツ7月失業率、EUの6月失業率及び7月消費者物価指数、第2四半期実質GDP、アメリカで第2四半期雇用コスト指数、6月個人所得・支出、6月PCEデフレータ、5月S&Pケースシラー住宅価格、7月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)、7月コンファレンスボード消費者信頼感指数の発表があります。
 韓国の7月鉱工業生産指数は、市場予想が前月比0.9%減のところ、0.6%減で、6月の1.1%から鈍化しました。また、7月中国製造業PMIは市場予想の51.3を下回る51.2で着地し、6月の51.5を大きく下回りました。ミュゼ vライン