双子葉仲間と単子葉仲間などについて覚えました

ユリなどについて教育しました。ユリはユリ科で花被片が6枚で3枚は、がくに相当していて、おしべが6書物とめしべが1本あります。ユリにはオニユリ、テッポウユリ、ヤマユリ、カノコユリなどがあります。ユリのなかまの植物は、カタクリとネギなどがあります。イネは、イネ科で玄米は果実で精米すると果皮と種皮が、ぬかになります。イネのなかまの植物は、スズメノカタビラとスズメノテッポウなどがあります。次は、双子葉部類と単子葉類のちがいについてだ。最初は双子葉部類からだ。芽生えは子葉が2枚で花びらの総計は4枚〜5枚で、葉脈は網状プルスで茎の維管束は、輪のように並びます。根のみたいすは、主根と傍ら根だ。次は単子葉部類だ。芽生えは子葉が1枚で、花びらの総計は3枚かその倍数で、葉脈平行プルスで茎の維管束は、散らばっていらっしゃる。根のみたいすは、ひげ根だ。このようなことを覚えましたが、花のシステムや葉のシステムにも各種バリエーションがあるんだなと思いました。