「頭文字D」というマンガを読み返してます。

昨今ふっと、しげの秀ゼロ教員の「頭文字D」というアニメを読み返してある。
要項を簡単に凡そ説明すると、「歩き屋」たちの演説だ。
「歩き屋」がわからないというあなたのために説明しますと、車(スポーツカー)で、峠(山道)を、攻める(全速力で駆ける)自身だ。要するに山道で戦いをしてるワケです。熱気族とは違う。レーサーの土屋圭一君や、谷口信輝君も走り抜け屋生まれ故郷だ。適切・・・。
で、わたしもニッサンのZ33様式の公明正大レディZに乗ってます。バケモンみたいなエンジン技能がありますが、別途少なく走りたいことではありません。ただ純粋に公明正大レディZが好きなだけだ。特別進度内で、ゆったり安穏移動で走ってます。
頭文字Dに生じるメインの車はトヨタ・86様式トレノと、マツダ・FD様式RX-7だ。こういう2車を中心に演説が展開していきます。
飽くまでも、モータースポーツをやってるという演説ですので、試験有り、友情有り、抑圧有り、そして感激有り、で何ごと読み返しても明るいですし、従前読んだ頃より、歳を取ったせいか、涙もろくなっていて、涙しみたいになることもあります。
ちなみにFDのライバルとして、Z33も出ます。負けますが。単独とおんなじ車が出ると望ましいもんですね。