「些か今から会社やめてくる」を読んでみた

先日、新聞紙の書評文を見て気になっていた「ほんのり今から業やめてくる」(北川恵海著、メディアワークス文庫)を読んでみました。
若きヒーロー隆は、悪徳とも言える会社で動く勤め人。心身ともに疲れ果てた時に出会った、「同級生のヤマモト」という名づける紳士ってかかわる結果、隆のオフィス生涯は変わっていく……。という台本。
あたし、若い頃はオフィスが嫌で嫌でツボなかったことがあり、ターミナルのトップでフラフラしてしまう隆の気持ちは一体全体共感できます。
こういう鉄道に飛び込んだら、明日から出勤しなくていいんだよな、なんて何ごと思ったことでしょう。
隆の最初の姿勢に共感できる私のようなリーダーは大勢いるのではないでしょうか。
も、トップでふらついた隆は「ヤマモト」のやり方を通じて助かる。
ヤマモトは妖精様?天の女神の使者?こんないい人間、現実にはいないよ~っ!
そんなヤマモトという位置づけは相当実在しないからこそ、私たちは歯を食いしばり自力ではじめて生き延びるわけで……。
都合のいい報告だよな、と思いつつも、台本にふと引き込まれて続きを読んでしまうのは、隆の人柄像が世の中かつどこにでもいそうだからこそシンパシーできて当人投影できるから、なのかな。
通り掛け、隆が業で急場にせっぱ詰まるフェイズやヤマモトの正体など、ビジョン叶うパートがあったので(しかもとも私のビジョン丁度ヒットだった)、そこはまだまだ著者が甘いのかな。それとも、敢えて分かりやすく書いたのか?
といった、会社が常に分かってしまうのに、軽やかに読み切ることができました。
そうして最後の最期。
おや、こういうことだったのね。これはさすがに指しなかったわ。
まさかできすぎな気もするけれど、テクニカルではないは思うけれど、これはある種のフィクション。
全容もこうなってくれたらいいのにな、なんて映る素敵なおしまい。
生きていくって辛くてしんどくて目茶苦茶なことばかり。
も、強制いいことだって生じるよね、と思える救いのある締めくくりが結構有難い作です。
そうそう、ヤマモトの話す関西弁が何とも天然でした。
それもその筈、著者の北川恵海様は大阪の故郷なんですね。

校内硬筆展の賞状を持って帰ってきたことなど昨日のこと

前日、乳児が校内硬筆展の銅賞の賞状を持って帰ってきた。思っていたよりしっかりとした不具合で驚き。習い事といったら、豆バスケットボールしかやらせていないのに、よく硬筆展で銅賞に選ばれたなと思った。やっぱり、乳児を誉めてあげた。これで、自尊心が垂らしば良しなと思った。次に算数のプリントを見せてきた。時に関するプリントだったが、それほどのチャットだった。1時が60分け前というのは理解できておるようだ。だから1時半は90分け前っていうのは、聞こえるみたいである。しかし反比例の認識ができていないみたいだった。詰まり90分け前が1時半っていうのが導き出せないようです。簡単な形態を出して、教えたのだが、それでもそれほどのようだ。ひっ算の足し算もセミナーで習った当初は、巧みだったのに、今は、繰りゴールインのところがぐっすりわからなくなってしまっていた。ピッタリ残り数週間で夏休みです。セミナーで用いる査定ドリルを夏休み中にやりなおそうと夫人とストーリーをした。稽古も頑張ってくださいものである。http://www.fxanimation.co/